読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jamina’s diary

ジャミナの日常の些細なことを書きます。

ジャミナ、帰路に就く

母が父と2人では食べ切れないからとお節の残りをタッパーに詰めてくれた。また帰りの新幹線でお腹が空くだろうとおにぎりを2つ握ってくれた。さらにジャミナは食いしん坊で肉が好きだと思っている母は骨つきのソーセージも4つ袋に入れて持たせてくれた。完全装備したジャミナに、父が椅子によじ登り、テーブル上にあった飴玉を掴んでジャミナのポケットに入れてくれた。パチンコで勝ったときの景品らしい。父と母、今日1日中パジャマ姿だった弟に見送られ、ジャミナは帰路に就いた。