読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jamina’s diary

ジャミナの日常の些細なことを書きます。

帰ってきたヒットラー

先日何気なく映画が見たくなり映画一覧を見ていると、『帰ってきたヒットラー』という表題が目に飛び込んできた。あらすじを読むとコメディーなようだったので購入してみることに。

 

コメディーかと思いきや、見始めの笑いがだんだん後半にいくほど恐怖に変わっていくような映画だった。

 

アドルフ・ヒットラーは自殺をする直前の記憶がない状態で現代にタイムスリップ。彼の周りの人間はアドルフ・ヒットラーの〝真似をしている芸人〟だと思い接するが、彼は至って真面目。それもそのはず、真似ではなく本人なのだから。たまたま出会った会社から首になりかけの崖っぷち番組作成者と一緒に世の声を聞こうと突撃取材をして回る。驚いたのがこの突撃取材の内容はどれも〝リアルなものである〟ということ。映画のために編集などはしておらず、役者がヒットラーの格好をして、その辺の人たちに「今の世の中に不満はあるかね?」と率直に聞いて回る。そのため映画出演NGだった人の目にはモザイクが。映画に出ることを本当に理解しているのか、不思議なことにモザイクがかかっていない街頭の人たちの口からも堂々と極右的な言葉が出てくる。

 

ヒットラーの巧みな演説と、人々の心の中の闇が調和し、ヒットラーは一大芸人に。みんなの心の中にはいつもヒットラーがいる。ヒットラー自身がそう語って物語が終わる。

 

現代を風刺したこの映画。1度見ることをお勧めします。